VIO脱毛の永久脱毛をすることのデメリット

VIO脱毛の永久脱毛をすることのデメリットとは何なのでしょうか。
VIO脱毛とはアンダーヘアーと陰部の周囲と肛門の周囲の脱毛の事を指します。
ハイレグの水着を着用したり衛生的に保つためにするデリケートゾーン脱毛ことなのですが、デメリットもあります。

これらの部位は粘膜部分も含まれていますので、その部分に関しては永久脱毛ができないのです。
粘膜部分に光やレーザーなどを照射してしまいますと非常に危険だからです。
そのために永久脱毛が終了しても毛が一部残ってしまうこともあるのです。


そしてもう一つは生理のときには永久脱毛ができない点にあります。
血液が出る状態でするのは非常に不衛生だからです。
ですので永久脱毛ができる日には制限が出来てしまいます。

またこれは人によって違いがありますが恥ずかしいという点です。
女性のスタッフがしてくれますので安心なのですが、それでも普段は人に見せる部分ではありませんので恥ずかしい方にとっては恥ずかしいものとなります。


ビキニライン脱毛の場合でしたら小さなパンツを着用した状態で脱毛することもできるのですが、肛門の周囲や陰部の周囲の場合には下着を着用しない状態で脱毛をしなければいけません。

最初は恥ずかしいものの慣れてくるものですが、慣れない方は途中でやめてしまうリスクがあります。
デメリットもあるということを知ってから脱毛をすることをおすすめします。
きちんとしたサロンですれば基本的には安全上のリスクはありません。

 

VIO脱毛の脱毛をしてもらう範囲ですが、完全にツルツル、パートナーに引かれない程度の毛を残すなど、人それぞれの形の好みや量などをよく考えて脱毛をしてもらうことをおすすめします。よくある質問で何回くらいで完了するのか?コレは、個人差があるので6回で確実になくなるとかではないので要注意です。


私が参考にしたVIO脱毛の参考サイトならVIO脱毛について脱毛サロンや医療脱毛についての違いなどが詳しく書かれているのでコチラのサイトを参考にしてみることをおすすめします。